ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.019

アイコン ExcelブックをCSV形式で保存する

Excel2003/2007/2010/2013

CSVとは、各項目のデータをカンマで区切ったテキスト形式のファイルのことで、さまざまなデータのやり取りの際に使用されます。
CSVは既定でExcelと関連付いていますので、両者のファイル形式への変換を簡単に行うことができます。

ExcelのデータをCSVファイルに変換するには、データのあるシートを開いた状態で、ショートカット キー「F12」、または[ファイル]タブ-[名前を付けて保存]をクリックします。
表示される[名前を付けて保存]ダイアログ ボックスの[ファイルの種類]の一覧より[CSV(カンマ区切り)(*.csv)]を指定し[保存]をクリックします。

名前を付けて保存

CSVファイルはテキスト形式ファイルですので、複数シートのサポートはありません。
したがって保存する際に、Excelに複数シートが存在していた場合に、次のようなメッセージが表示されます。

csv保存メッセージ複数シート

上記メッセージは確認して[OK]をクリックします。

次に「互換性のない機能が含まれている可能性」のメッセージが表示されます。

csv保存メッセージ互換性

CSVファイルは、Excelで設定していた太字や色などの書式、数式などはサポートしていないため抜けてしまいます。
このメッセージも確認の上、[はい]をクリックします。

これで、CSVファイルができました。
現在開いているExcelは、閉じましょう。

保存されたCSVファイルをダブルクリックして開くと、Excelで開いてきます。
しかしCSVはテキスト ファイルですから、ファイルのアイコンをメモ帳のアイコン上にドラッグするか、または右クリック-[プログラムから開く]-[メモ帳]をクリックして、テキストで開くこともできます。

プログラムから開く

最後にCSVファイルの特徴をまとめておきましょう。

  • 1枚のシートのデータのみ保存
  • 書式、数式は抜けてしまう
  • オブジェクトは保存されない
  • 桁区切りなど、表示形式は保存されるものとされないものがある

最後の表示形式ですが、桁区切りや日付など表示形式の設定はサポートされています。
しかし、通貨やユーザー定義が設定されたデータは、文字化けしたり、文字化けはしないものの前後にダブルクォーテーションが表示された文字列データとなったり、バージョンにより対応が違うようです。

また、表示形式を文字列の設定にして「001」などの数字文字列を入力していた場合は、CSVファイルを次にExcelで開いたときは、いわゆる「0落ち」し数値の「1」になってしまいます。
ところが、先の要領でテキストで開くと、「001」と保存されています。

CSVはこういったクセがありますので、ご理解の上ご利用ください。

関連ヘルプ

Excelで保存できるいろいろなファイル形式、拡張子について
ブックを開くときのパスワードの設定と削除について
作業状態の保存について
バックアップ ファイルと自動バックアップ(自動回復用ファイル)との違い
起動時のリンクのメッセージ、リンクを解除する
リンクされたセルを調べる、リンクを解除するには
拡張子が.xlkのファイルとは、バックアップ ファイルの作り方と使い方
テンプレートとは、テンプレートとして保存し活用する
複数ブックを開いたときのウィンドウとアプリケーション、インスタンスについて
テンプレートを使って新規ブックを作成する
CSVファイルを開くと先頭の「0」がはじかれてしまう(0落ちする)
ページのトップへ戻る