ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.015

アイコン 作業状態の保存について

Excel2003/2007/2010/2013

Excelは、複数のブックを開きながら作業を行うことも多いですね。
Excelには、WordやPowerPointにはない[作業状態の保存]というコマンドがありました。
コマンドの名のとおり、現在の開いて作業している状態をそのまま保存してくれるものです。
保存されるのは、開いているブック、表示しているシートの状態です。
2行目で「ありました。」と過去形で書いているのは、Excel2013より機能が廃止されてしまったのです。なぜ廃止されてしまったかというと、Excelの起動における仕様が変わってしまったからです。
Excel2010までは通常複数ブックを開いたとき、1つのExcel内に複数ブックが開くMDI(マルチ ドキュメント インターフェイス)でしたが、Excel2013より別のウィンドウで開くSDI(シングル ドキュメント インターフェイス)になりました。これはWordなどと同じです。
そんなこんなで、作業状態の保存ができなくなってしまったのです。

Excel2010までの、作業状態の保存は、次のように行います。
[表示]タブ-[ウィンドウ]グループ-[作業状態の保存]ボタンをクリックします。

作業状態の保存

表示される[作業状態の保存]ダイアログ ボックスで、場所と名前を指定して保存します。
できあがるファイルの拡張子は「.xlw」です。

作業状態の保存ダイアログ

できあがったファイルは、アイコンもExcelブックと少し違います。

作業状態の保存アイコン

ある作業で必ず複数のブックをいつも開くようなときや、たくさん開いて作業している状況で会議の招集がかかったときなど、作業状態の保存をしておくと、次回の作業開始が効率的になります。

Excel2013では、廃止された[作業状態の保存]ですが、以前のバージョンで作成したxlwファイルは開くことができます。

関連ヘルプ

Excelで保存できるいろいろなファイル形式、拡張子について
ブックを開くときのパスワードの設定と削除について
ExcelブックをCSV形式で保存する
バックアップ ファイルと自動バックアップ(自動回復用ファイル)との違い
起動時のリンクのメッセージ、リンクを解除する
リンクされたセルを調べる、リンクを解除するには
拡張子が.xlkのファイルとは、バックアップ ファイルの作り方と使い方
テンプレートとは、テンプレートとして保存し活用する
複数ブックを開いたときのウィンドウとアプリケーション、インスタンスについて
テンプレートを使って新規ブックを作成する
CSVファイルを開くと先頭の「0」がはじかれてしまう(0落ちする)
ページのトップへ戻る