ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

Officeお役立ち一覧 カテゴリ+Windows

Word、PowerPoint、Office共通機能の一覧と、プラスWindows関連の一覧メモです。

  アイコンOffice操作設定     アイコンWindows関連

  • アイコン Office操作設定... Office共通機能、Word、PowerPoint、Outlookの操作や設定に関する一覧表です。
  • アイコン Windows関連... Windowsの操作や設定に関する一覧表です。

Officeお役立ち一覧イメージ

Officeの歴史

ここでは、Microsoft Officeの今までの道のりを見ていくことにしましょう。

Microsoft Officeはオフィス業務に必要なアプリケーション ソフトのセット、オフィス スイートとも言われます。
Officeとして最初に発売されたのは1989年、PCの先駆であるApple社Macintosh向けで、Word、Excel、PowerPoint、Mailが付属、 翌年はWindows版バージョン1.0、メールソフトを除いた内容でした。
日本語版の最初は1993年、Office 1.0として、WordとExcelのみでした。
Mac向けもWindows向けも何度かのバージョンアップの後、1995年の大ヒット作であるWindows95と同日にOffice95が発売されます。
Windows95もOffice95も、32ビットパソコンに即対応したことが、その後のシェアを絶対的なものにしました。

では、Office95以降の各バージョンでの、おもな新機能をたどっていきます。
以下()内はOfficeのバージョン・対応OSです。バージョン13.0が抜けているのは、忌み番号を避けたためとのことです。

  • Office 95(7・Win)... 完全な 32ビット版Office
  • Office 97(8・Win)... Office アシスタント機能、Outlook
  • Office 98(8・Mac)... Internet Explorer 4.0 for Mac、Outlook Express 4.0
  • Office 2000(9・Win)... マクロにデジタル署名、Publisher、PhotoDraw、Project、FrontPage
  • Office 2001(9・Mac)... Entourage
  • Office XP(10・Win)... スマート タグ、手書き文字認識、音声認識、作業ウィンドウ、Visio
  • Office v. X(10・Mac)... 既定の拡張子の変更、行数と列数の拡張、色に基づく並べ替えや抽出
  • Office 2003(11・Win)... XML ドキュメントに対応、InfoPath、OneNote、InterConnect
  • Office 2004(11・Mac)... MS Pゴシック、MS P明朝
  • Office 2007(12・Win)... リボン インターフェイス、Office Open XML ファイル形式、PDF・XPS ドキュメント保存、Office アシスタント廃止、Groove、Office serve
  • Office 2008(12・Mac)... Office Open XML
  • Office 2010(14・Win)... 64ビット版、全製品リボン UI採用、バックステージビュー、プロダクトキーの入力及び、ライセンス認証
  • Office 2011(14・Mac)... EntourageからOutlookに
  • Office 2013(15・Win)... Windows 8 タッチ対応やクラウド対応強化、マイクロソフトの公式サイトに登録
  • Office 2016(16・Win)... Cortana
  • Office 2016(16・Mac)... OneDriveの連携
  • Office365... 個人ユーザー向けに「Office365 solo」企業ユーザー向けに「Office365 Business」が提供され、最新のOffice製品をクラウド環境で使用できるサービス

最後に、気になるサポートの終了日をご案内しておきます。

  • Office 2003... 終了 2014年4月8日
  • Office 2007... 2017年10月10日
  • Office 2010... 2020年10月13日
  • Office 2013... 2023年4月11日
  • Office 2016... 2025年10月14日

歴史あるMicrosoft Office、巨大なるシェアを持ち、ずっとオフィスソフトを先導してきました。 その功績は、今の社会において計り知れないものがります。

ページのトップへ戻る