ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.016

アイコン 印刷範囲を設定するには

Excel2003/2007/2010/2013

シートを印刷するときに、特定の範囲を印刷するように設定する(印刷範囲の設定)方法です。

以下の2つの方法でご紹介します。
今回は、下図の色の付いたセル範囲を印刷することにします。

<印刷範囲>

よく利用されるノーマルな方法です。

まずは、印刷する範囲を選択します。
[ページ レイアウト]タブ-[ページ設定]グループ-[印刷範囲]ボタン-[印刷範囲の設定]をクリックします。

印刷範囲の設定

印刷範囲を設定すると、その範囲が線で囲まれます。

印刷範囲

このように設定しておくと、範囲外のセルに入力されたとしても印刷に入ることはありません。

設定した印刷の範囲を解除するには、[ページ レイアウト]タブ-[ページ設定]グループ-[印刷範囲]ボタン-[印刷範囲のクリア]をクリックします。

<非表示>

印刷に必要のない行や列を非表示にしてしまいます。
決まったフォーマットなどの印刷の場合に、利用されています。

色の付いた範囲以外の列、今回はG列から右の列を非表示にするには、まずG列を列選択します。
ショートカット キー「Ctrl」+「Shift」+「→」を押しますと、G列から右の列すべてを選択することができます。
その選択状態の上で右クリック-[非表示]をクリックします。

非表示

すると、F列より右のセルが非表示、グレーアウトしなりなくなります。

行も同様です。今回は18行目を選択し、ショートカット キー「Ctrl」+「Shift」+「↓」を押して、18行目以下のすべての行を選択して非表示にします。

選択

すると、印刷する範囲以外のセルはなくなり、すべて非表示状態となります。
余分なところが表示されないので、スッキリですね。
これで、表示されている範囲のみが印刷対象になります。

元の状態に戻すには、全セル選択し右クリック-[再表示]をクリックすると、行のみ再表示されます。
列の再表示は、まずF列を選択し非表示となっている右に向けてドラッグすると、非表示の列も選択状態となりますので、右クリック-[再表示]をクリックします。

関連ヘルプ

行番号、列番号と枠線を印刷するには
ヘッダー/フッター(余白部分)に画像ファイルを挿入し印刷するには
行や列が離れた範囲を連続して印刷させるには
セルの内容を印刷時に非表示にしたい
印刷時にタイトルがいつも先頭に表示されるように設定する(タイトル行、タイトル列)
コメントを表示どおりに印刷するには
シートを印刷するときに、特定の設定で常に印刷されるようにする
印刷のときの改ページ位置を変更する
ページ番号を挿入する
フォーム コントロールやオブジェクトを印刷しない/印刷されるようにしたい
セルにエラー値を表示したまま印刷させない
特定のシートでいつも複数部数の印刷になってしまう、印刷の設定について
ページ番号を任意の番号からふりたい
ブック全体を印刷するときに各シートごとにページを1からふりたい
複数シートを続けて両面印刷する
印刷すると文字が切れてしまう
ページのトップへ戻る