ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

Accessお役立ち一覧 カテゴリ

Accessの機能や設定を一覧表にして掲載しています。
小さな設定が、動作や見栄えを見違えさせます。

  アイコン基本設定     アイコンマクロ・VBA設定

  • アイコン 基本設定... Access一般操作、設定におけるさまざまな一覧表です。
  • アイコン マクロ・VBA設定... Accessマクロ・VBAに関する情報一覧です。

Accessお役立ち一覧イメージ

Accessの歴史

ここでは、Microsoft Accessの今までの道のりを見ていくことにしましょう。

Accessはデータベース ソフト、最初のバージョン1.0がアメリカで発売されたのは1992年のことです。

そもそもデータベースというのはデータの集まりであり、そのデータをいかに管理するかということになります。
その概念などが示されたのは、パソコンが普及する以前となる1959年のことです。 そして1970年にエドガー・F・コッド氏によってリレーショナル データベースが提唱されます。 データベースを構築するための言語であるSQLは、その頃から開発が進み、ISO/JISの標準規格となったのは1987年のことです。
その後1980年代には、商用データベースが複数発売されることになります。 Accessはそのような中で、本来構築が専門的なデータベースを視覚的に構築でき、Excelのデータを利用でき、 しかもSQLとの互換性もあり、Office共通のVBAにより自動化もできる、いいとこ取りの簡易データベース ツールなのです。

Accessは他のOfficeソフトとは遅れて、Office95の時代より上位バージョンで搭載されるようになりました。
各バージョンアップおける特記事項をご案内します。

  • Access 95... Access BasicからVBAへ移行、ActiveXコントロール (DAO) 、レプリケーション
  • Access 97... ハイパーリンクなど、HTML連携の強化、タブコントロール
  • Access 2000... データアクセスページ、サブデータシート、ADOの導入、名前の連動
  • Access 2003... セキュリティ強化、オブジェクト依存関係、デザイン時のエラーチェック
  • Access 2007... 既定の拡張子の変更(.accdb)、埋め込みマクロ
  • Access 2010... 新しいマクロ ビルダー、データ バー、Office テーマ
  • Excel 2013... テキスト型の名称変更、アプリの起動、アクション バー
  • Excel 2016... 大桁整数 (BigInt) 型サポート

Accessはその時代に応じてバージョンアップをしてきました。 まじめで地道なアプリケーションであるAccess、次世代はどのような変化を見せてくれるでしょうか。

ページのトップへ戻る