ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.014

アイコン ブックを開くときのパスワードの設定と削除について

Excel2003/2007/2010/2013

ブックを開くときのパスワードの設定についてです。

パスワードの設定は、[名前を付けて保存]ダイアログ ボックスからと[アクセス許可]からの2つの方法があります。どちらも結果的には同じ動作となります。

<[名前を付けて保存]ダイアログ ボックス>

昔からある方法です。

  1. ショートカット キー「F12」、または[ファイル]タブ-[名前を付けて保存]をクリックします。
  2. 表示された[名前を付けて保存]ダイアログ ボックスの右下にある、[ツール]-[全般オプション]をクリックします。
    名前を付けて保存
  3. [全般オプション]ダイアログ ボックスの[読み取りパスワード]ボックスにパスワードとなる文字の設定を行い、[OK]をクリックします。
    全般オプション
  4. [パスワードの確認]ダイアログ ボックスが表示されますので、再度同じパスワードを入力して[OK]をクリックします。
  5. あとは、[名前を付けて保存]ダイアログ ボックスで保存場所やファイル名の設定を行い、[保存]ボタンをクリックします。

<アクセス許可>

  1. [ファイル]タブ-[情報]をクリックします。
  2. [ブックの保護]ボタン-[パスワードを使用して暗号化]をクリックします。
    パスワードを使用して暗号化
  3. 表示された[ドキュメントの暗号化]ダイアログ ボックスの[パスワード]ボックスにパスワードを設定し、[OK]をクリックします。
    ドキュメントの暗号化
  4. [パスワードの確認]ダイアログ ボックスの[パスワードの再入力]ボックスに再度同じパスワードをを設定し、[OK]をクリックます。

どちらの方法でも、[ファイル]タブ-[情報]の[ブックの保護]ボタンの色が変わったことを確認しましょう。

アクセス許可

Excel2007では、
[Office]ボタン-[配布準備]-[ドキュメントの暗号化]をクリックし、上記と同様に設定できます。

Excel2003では、
上記では方法1のみとなります。
また、[ツール]メニュー-[オプション]をクリックし、表示された[オプション]ダイアログ ボックスの[セキュリティ]タブでも設定できます。

ヘルプmemo

<読み取りパスワードの解除>

設定された読み取りパスワードの解除方法は、一度パスワードを入力してブックを開きます。
上記のパスワードを設定した方法と同じように[全般オプション]ダイアログ ボックス、または[ドキュメントの暗号化]ダイアログ ボックスを開きます。
パスワードをクリア(削除)して[OK]をクリック、ブックを上書き保存します。

パスワードを知らなくては、パスワードの解除は実施できません。

関連ヘルプ

Excelで保存できるいろいろなファイル形式、拡張子について
作業状態の保存について
ExcelブックをCSV形式で保存する
バックアップ ファイルと自動バックアップ(自動回復用ファイル)との違い
起動時のリンクのメッセージ、リンクを解除する
リンクされたセルを調べる、リンクを解除するには
拡張子が.xlkのファイルとは、バックアップ ファイルの作り方と使い方
テンプレートとは、テンプレートとして保存し活用する
複数ブックを開いたときのウィンドウとアプリケーション、インスタンスについて
テンプレートを使って新規ブックを作成する
CSVファイルを開くと先頭の「0」がはじかれてしまう(0落ちする)
ページのトップへ戻る