ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.013

アイコン 受信メールを選択したときに表示される本文画面(閲覧ウィンドウ)を非表示にする

Outlook2003/2007/2010/2013

受信したメールを選択したときに、本文が表示される画面のことを[閲覧ウィンドウ]といいます。

閲覧ウィンドウ

Outlookの既定で、閲覧ウィンドウは右側に表示されるようになっています。すぐに内容を見ることができて便利なのですが、気を付けるべき点があります。

ウィルスによっては本文を表示しただけで感染するパターンがあり、受信メールの一覧を何気なくクリックして閲覧ウィンドウに表示しただけで・・・というような可能性があります。
したがって、ウィルスソフト入れていても、閲覧ウィンドウをオフにするというのは、念のための対策ということになります。

閲覧ウィンドウの非表示にする設定は、次の場所にあります。

[表示]タブ-[レイアウト]グループ-[閲覧ウィンドウ]-[オフ]をクリックします。

閲覧ウィンドウ非表示

閲覧ウィンドウの表示/非表示は、各フォルダーごとでの設定になります。
メールが随時届く受信トレイではなく、作成した別のフォルダーに安全であるとわかっているメールを格納しているのであれば、そのフォルダーでは閲覧ウィンドウを表示しておくと、内容がすぐにわかり操作効率がいいと思います。

Outlook2007、Outlook2003では、
[表示]メニュー-[閲覧ウィンドウ]-[オフ]をクリックします。

関連ヘルプ

受信トレイなどのメールのグループ化表示を変更する
連絡先のビュー(表示モード)を変更、作成する
連絡先のフォルダーをアドレス帳に表示するには
アドレス帳の一覧に表示されるモバイル アドレス帳を削除するには
添付ファイルを選択したときにプレビュー表示される機能の設定について
ページのトップへ戻る