ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.009

アイコン メール一覧の列(フィールド)の表示を変更する

Outlook2003/2007/2010/2013

受信トレイなどメール一覧の列(フィールド)を変更する際のお問い合わせです。

まず、現在表示されている列の移動は、列項目を持ってをドラッグすることで簡単にできます。

列の移動

ドラッグ先が列項目の領域を少しはずれると、結構大きい「×」が表示され、列削除となります。
一瞬にして必要な列を削除してしまい元に戻したい、というお問い合わせをたびたびいただきます。

削除してしまった列項目を戻したいときや、新たに別の列を表示したいときなど、列項目のカスタマイズ方法を2つ、[フィールドの選択]と[表示]タブからの設定をご案内します。
今回は、[差出人]フィールドを削除してしまい、再度表示する方法です。

<フィールドの選択より>

  1. 列項目の上で右クリック-[フィールドの選択]をクリックします。
    フィールドの選択
  2. 表示された[フィールドの選択]ダイアログ ボックスで、[差出人]フィールドの場合は、[よく使用するフィールド][アドレス フィールド][すべてのメール フィールド]のどれかを選択すると、一覧に探すことができます。
    フィールドの選択
  3. フィールドを列項目の上に、直接ドラッグして追加します。
    フィールドをドラッグ

<[表示]タブより>

  1. [表示]タブ-[並べ替え]グループ-[列の追加]をクリックします。
    列の追加
  2. 表示された[列の表示]ダイアログ ボックスで、[差出人]フィールド追加の場合は、[対象となる列グループ]で[よく使用するフィールド][アドレス フィールド][すべてのメール フィールド]のどれかを選択し[表示可能な列]に表示される一覧より探して、挿入するフィールドを選択します。
  3. 右側の[表示する列と順序]は現在表示されている列項目ですので、フィールドを挿入したい位置より1つ上の列を選択し、[追加]ボタンをクリックします。
    列の表示

その他、[表示]タブ-[現在のビュー]グループ-[ビューの設定]ボタン-[列]ボタンをクリックしても、[列の表示]ダイアログ ボックスを表示させることができます。

Outlook2007/2003では、
方法1は上記と同じ、方法2は[列の表示]コマンドがないので、次の方法となります。

  1. 列項目の上で右クリック-[現在のビューの編集]をクリックします。または[表示]メニュー-[現在のビュー]グループ-[現在のビューの編集]をクリックします。
  2. 表示される[ビューのカスタマイズ]の[フィールド]ボタンをクリックします。
  3. [表示フィールドの選択]が表示されます。後の操作は、上記と要領は同じです。

関連ヘルプ

メッセージが到着したときの通知方法を設定変更する
署名(サイン)を作成するには、メッセージに自動で署名を挿入するには
返信先を別のメールアドレスに設定する
メールの送信日時を設定する
分類をうまく活用する
メールをサーバに残す/残さないよう設定する
迷惑メールの処理を効率よくする設定について
大きいサイズのメールを分割送信する機能について
マイクロソフトのメール ソフト(メーラー)について
本文を入力するときの段落記号(改行マーク)を非表示にする
連絡先とアドレス帳の順番を同じにする
ページのトップへ戻る