No.006

ol メールをサーバに残す/残さないよう設定する

Outlook2003/2007/2010/2013

メールをサーバーに残すとは、メールが送られてパソコンのメールソフトで受信した場合に、受信したメールと同じメールがプロバイダなどのメールサーバーにも残るということです。
するとどうなるかといいますと、会社のパソコンと家のパソコンといった具合に、複数のパソコンで同じメールを見て扱うことができます。

逆にメールをサーバーに残さないということは、あるパソコンのOutlookでメールを受信するとそれらメールはそのパソコンに移動し、そのパソコンでのみメールを扱うこととなります。

両者にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、ご自分の使用状況に合わせて選択をします。
では、まとめてみますね。

メールサーバーにの残す場合のメリットは

メールサーバーにの残す場合のデメリットは

といったところです。

では、メールをサーバーに残す/残さないの設定場所です。

  1. [ファイル]タブ-[情報]を選択し、[アカウント設定]ボタン-[アカウント設定]をクリックします。
    ファイルタブ
  2. 表示された[アカウント設定]ダイアログ ボックス、[電子メール]タブのアカウント一覧で、設定を行うメール アカウントを選択し、[変更]をクリックします。
    アカウント設定
  3. [アカウントの変更]ダイアログ ボックスの[詳細設定]ボタンをクリックします
    アカウントの変更
  4. [インターネット電子メール設定]ダイアログ ボックスの[詳細設定]タブの[配信]で、[サーバーにメッセージのコピーを置く]チェック ボックスで設定を行います。
    サーバーにメッセージが溜まり続けないよう、必要に応じてサーバーから削除するタイミングも設定します。
    サーバーにメッセージのコピーを置く
  5. [インターネット電子メール設定]ダイアログ ボックスは[OK]をクリックし、[アカウントの変更]ダイアログ ボックスは[次へ]、[完了]とクリック、[アカウント設定]ダイアログ ボックスは[閉じる]をクリックします。

Outlook2007では、
[ツール]メニュー-[電子メール アカウント]をクリックします。[アカウント設定]ダイアログ ボックスが表示され、あとは上記2からと同じです。

Outlook2003では、
[ツール]メニュー-[電子メール アカウント]をクリックします。表示された[電子メール アカウント]ダイアログ ボックスで[電子メール]の[既存の電子メール アカウントの表示と変更]オプションを選択して[次へ]をクリックします。
次に表示されたアカウント一覧より設定するアカウントを選択して[変更]ボタンをクリック、あとは上記3からと同じです。

関連ヘルプ

メッセージが到着したときの通知方法を設定変更する
署名(サイン)を作成するには、メッセージに自動で署名を挿入するには
返信先を別のメールアドレスに設定する
メールの送信日時を設定する
分類をうまく活用する
迷惑メールの処理を効率よくする設定について
大きいサイズのメールを分割送信する機能について
メール一覧の列(フィールド)の表示を変更する
マイクロソフトのメール ソフト(メーラー)について
本文を入力するときの段落記号(改行マーク)を非表示にする
連絡先とアドレス帳の順番を同じにする

サイト内検索

Officeのカテゴリ

ヘルプの森

Excel・Access・Office全般
ヘルプデスク サイト
Google ヘルプるん
詳しくは site map ページ