ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.018

アイコン 添付ファイルを選択したときにプレビュー表示される機能の設定について

Outlook2007/2010/2013

Outlook2007より、受信したメールの添付ファイルを選択したときに、本文表示の場所にファイルをプレビューできるようになっています。
Outlook2007、Outlook2010では既定でプレビューされるようになっていますが、Outlook2013ではプレビューされなくなっています。

添付ファイルプレビュー

選択するだけで添付ファイルの中身がすぐに確認でき、確かに便利ではありますが、セキュリティ面、またプレビューに時間がかかるなどの動作面において、この機能を解除したいケースも出てくると思います。

添付ファイルのプレビューについての設定は、次の場所にあります。

  1. [ファイル]タブ-[オプション]をクリックします。
  2. 表示された[Outlook のオプション]ダイアログ ボックスの[セキュリティ センター]を選択し、さらに[セキュリティ センターの設定]ボタンをクリックします。
    セキュリティ センター
  3. [セキュリティ センター]ダイアログ ボックスの[添付ファイルの取り扱い]を選択し、[添付ファイルのプレビューをオフにする]チェック ボックスで設定します。
    添付ファイルの取り扱い

Outlook2007では、
[ツール]メニュー-[セキュリティ センター]をクリックし、[セキュリティ センター]ダイアログ ボックスを表示します。あとの設定は同じです。

関連ヘルプ

受信トレイなどのメールのグループ化表示を変更する
受信メールを選択したときに表示される本文画面(閲覧ウィンドウ)を非表示にする
連絡先のビュー(表示モード)を変更、作成する
連絡先のフォルダーをアドレス帳に表示するには
アドレス帳の一覧に表示されるモバイル アドレス帳を削除するには
ページのトップへ戻る