ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.002

アイコン 署名(サイン)を作成するには、メッセージに自動で署名を挿入するには

Outlook2003/2007/2010/2013

手紙でも送り主の名前や住所を書くように、メールの最後にも「署名(サイン)」という、差出人がわかるように名前や連絡先、社名などを書くことが多いと思います。
いつも同じ署名を付ける場合、署名を登録し設定しておくと、メッセージ作成時に自動で入れることもできたりと、大変便利です。
では、設定方法です。

  1. [ファイル]タブ-[オプション]をクリックします。
  2. 表示された[Outlook のオプション]ダイアログ ボックスで[メール]を選択し、[署名]ボタンをクリックします。
    Outlookのオプション
  3. [署名とひな形]ダイアログ ボックスの[新規作成]ボタンをクリックします。
  4. [新しい署名]ダイアログ ボックスの[この署名の名前を入力してください]ボックスに署名の名前を設定し[OK]をクリックします。
    署名新規作成
  5. [署名とひな形]ダイアログ ボックスに戻り、左上の[編集する署名の選択]ボックスで作成した署名が選択されているのを確認し、[署名の編集]ボックスで署名を作成します。
    署名の編集
  6. 編集ができたら[保存]ボタンをクリックします。

これで署名を作成できました。
現在の状態では、メッセージに自動で署名は入りません。手動で挿入します。
下図のように、[メッセージ]タブ-[挿入]グループ-[署名]より作成した署名を選択して挿入することができます。

署名挿入

[署名とひな形]ダイアログ ボックスには、複数の署名を作成することができます。
またさらに、新規メッセージ、返信や転送のメッセージに、署名を使い分けて自動で挿入するように設定することもできます。

[署名とひな形]ダイアログ ボックスの[新しいメッセージ]ボックス、[返信/転送]ボックスに作成した署名を指定すると、メッセージに自動で署名が入るようになります。

署名とひな形

またまたさらに、Outlookに複数のアカウントを設定している場合は、アカウントごとに別の署名を自動挿入する設定することも可能です。
[署名とひな形]ダイアログ ボックスの右上、[電子メール アカウント]ボックスでメール アカウントと切り替えて、[新しいメッセージ]ボックス、[返信/転送]ボックスに署名を設定します。

Outlook2007、Outlook2003では、
署名の作成方法は次の手順となります。

  1. [ツール]メニュー-[オプション]をクリックします。
  2. 表示された[オプション]ダイアログ ボックスの[メール形式]タブを開きます。
  3. [署名]ボタンをクリック、[書名の作成]ダイアログ ボックスを開きます。
  4. [新規作成]ボタンをクリックし、[署名とひな形](Outlook2007)または[新しい署名の作成](Outlook2003)ダイアログ ボックスで指定していきます。

メッセージに手動で署名を挿入する場合、Outlook2007はOutlook2010と同様です。
Outlook2003では、メッセージを開いた状態で、[挿入]メニュー-[署名]より作成した署名を選択して挿入します。

新規、返信/転送メッセージに作成した署名を自動的に挿入する場合、Outlook2007ではOutlook2010と同様、[署名とひな形]ダイアログ ボックスで設定します。
Outlook2003では、[オプション]ダイアログ ボックスの[メール形式]タブの[署名]の設定で設定します。

関連ヘルプ

メッセージが到着したときの通知方法を設定変更する
返信先を別のメールアドレスに設定する
メールの送信日時を設定する
分類をうまく活用する
メールをサーバに残す/残さないよう設定する
迷惑メールの処理を効率よくする設定について
大きいサイズのメールを分割送信する機能について
メール一覧の列(フィールド)の表示を変更する
マイクロソフトのメール ソフト(メーラー)について
本文を入力するときの段落記号(改行マーク)を非表示にする
連絡先とアドレス帳の順番を同じにする
ページのトップへ戻る