ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.013

アイコン 変更履歴を削除し設定されないようにする

Word2003/2007/2010/2013

変更履歴という機能は、文書を編集するときに変更内容を記録するもので、多人数で1つの文書を編集するときなどに利用されます。
変更履歴が設定されていると、編集のたびにふきだしが表示されたり、しるしが付いたりして、編集した内容を記録してくれるのです。

今回、記録されている変更履歴の削除と変更履歴の機能をはずしたい、というもので、結構よく聞かれるお問い合わせです。
そのためには、基本的に次の2つの処置が必要となります。

  • 現在の編集状態で完了として(承諾)、履歴を削除する
  • 変更履歴の機能をオフにする

ところがなんと、Word2013では、2つの処置が1つのコマンドになりました。

[校閲]タブ-[変更箇所]グループ-[承諾]▼-[全ての変更を反映し、変更の記録を停止]をクリックします。

全ての変更を反映し、変更の記録を停止

やはり、よくあるみなさんの声が反映されたのですね。

Word2010、Word2007では、
[校閲]タブ-[変更箇所]グループ-[承諾]-[ドキュメント内のすべての変更を反映]をクリックします。これで変更履歴の痕跡が消えます。

ドキュメント内のすべての変更を反映

[校閲]タブ-[変更履歴]グループ-[変更履歴の記録]ボタンがオンになっていますので、クリックしてボタンをオフにして変更履歴をの機能を解除します。

校閲タブ

このあと、上書き保存をしておいてください。

Word2003では、
[表示]メニュー-[ツールバー]をクリックして[チェック/コメント]ツールバーを表示します。
[変更の承諾]-[ドキュメント内のすべての変更を反映]をクリックして、履歴を削除し、
[変更の履歴]ボタンをオフにしして、変更履歴の機能をオフにします。

関連ヘルプ

変更履歴の校閲者名(ユーザー名)を同じにしたい
変更履歴で文字を削除をしたときに吹き出しを出さないようにする
ページのトップへ戻る