No.010

pp 埋め込みで貼り付けたExcelオブジェクトをダブルクリックして編集するとき、違う行が表示される

PowerPoint2003/2007/2010/2013

スライドにExcelの表が[埋め込み]または[Excelワークシート オブジェクト]で貼り付けられているとき、オブジェクトをダブルクリックして編集することができます。

ところが、編集状態にはなるものの、貼り付けられているところと違う行、貼り付けされているデータより下部のセルが表示される、というような現象です。
スクロールすれば編集できますが、何度も編集するデータの場合は、少々面倒ですね。(下図はダブルクリックしたときの編集状態、上の方の選択されているところより上がコピー元範囲)

スクロール

この現象の原因は、コピー元であるExcelファイルの[ウィンドウ枠の固定]の設定にあります。

ただ、PoewrPoint2013では何度かいじっているうちに認識されるのか、現象が改善される様子です。

改善されない場合は、再度貼り付けをやり直します。
コピー元のExcelを開き、[表示]タブ-[ウィンドウ]グループ-[ウィンドウ枠の固定]-[ウィンドウ枠固定の解除]をクリックして、ウィンドウ枠の固定をいったん解除してからコピーし、PowerPointに[貼り付け]-[埋め込み]で貼り付けます。
貼り付け後は[ウィンドウ枠の固定]を元に戻しても、PowerPointには影響はありません。

関連ヘルプ

複数の図形やオブジェクトを、キレイに揃えたい
図形を描くときに設定されている既定の書式を変更するには
数学的な数式を入力したい
貼り付けたExcelの枠線を表示しないようにするには
オブジェクトを少しだけ移動し、位置を微調整するには

サイト内検索

Officeのカテゴリ

ヘルプの森

Excel・Access・Office全般
ヘルプデスク サイト
Google ヘルプるん
詳しくは site map ページ