ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.008

アイコン オブジェクトを少しだけ移動し、位置を微調整するには

PowerPoint2003/2007/2010/2013

オブジェクトをドラッグして移動しようとすると動きすぎる、ということがあります。
もっと小さく動かしたいときの方法です。次の方法があります。

  • オブジェクトを選択し「Ctrl」を押しながら方向キーを押して移動する
  • 「Alt」を押しながらオブジェクトをドラッグする

既定では、オブジェクトを選択してドラッグ(移動)したり、「↑」「↓」「→」「←」の方向キーを押すと、ある間隔でその方向に移動します。
スライド上には「グリッド」と呼ばれる、方眼のような格子線があります。
オブジェクトを挿入、サイズ変更、移動をする際、すべてグリッドの交点に合わせて配置されるため、一定間隔となるのです。
そのため、オブジェクトをいくつも挿入して作成するPowerPointでは、これによって簡単に位置を合わせやすくなっています。

グリッド

グリッドを表示するには、[表示]タブ-[表示]グループ-[グリッド線]チェック ボックスをオンにします。
グリッドは点で表示されていますが、それらを結んだ方眼をイメージしてください。

そこで上記の方法を使いますと、グリッドをはずして操作できるようになります。

グリッドの間隔を変えたり、オブジェクトをグリッドに合わせないようにしたい場合は、
[表示]タブ-[表示]グループのダイアログ ボックス起動ツール(上図赤○)をクリックし、[グリッドとガイド]ダイアログ ボックスで設定することができます。

グリッドとガイド

PowerPoint2003では、
[標準]ツールバー-[グリッドの表示/非表示]ボタンをオンにして、グリッドの表示ができます。

関連ヘルプ

複数の図形やオブジェクトを、キレイに揃えたい
図形を描くときに設定されている既定の書式を変更するには
数学的な数式を入力したい
貼り付けたExcelの枠線を表示しないようにするには
埋め込みで貼り付けたExcelオブジェクトをダブルクリックして編集するとき、違う行が表示される
ページのトップへ戻る