No.007

pp 貼り付けたExcelの枠線を表示しないようにするには

PowerPoint2003/2007/2010

PowerPointで資料を作成するときに、Excelのデータをスライドに貼り付けることはよくあります。
そのときにExcelの枠線が表示されるケースがあります。

Excelのデータは普通にコピーし、PowerPointでの貼り付け方により枠線の表示が違ってくるのを確認しましょう。
コピー元のExcelは、罫線を設定しているところと、設定していないところがあります。

PPTに各貼り付け

上図のように、[貼り付け▼]ボタンをクリックすると、[貼り付けのオプション]が表示され、貼り付け方を選択することができます。
[貼り付けのオプション]の順番に、それぞれ貼り付けた結果が上図です。

上図では、[元の書式を保持](2番目)と[テキストのみ保持](5番目)が枠線が表示されずに貼り付きました。

そもそも、貼り付けオプションを指定する理由は、今後その貼り付けたオブジェクトをどう扱うかによります。
それぞれのオプションの特徴は次のとおりです。

1番目の[貼り付け先のスタイルを使用]で貼り付けたデータは、PowerPointの表となっていますので、[表ツール]-[デザイン]タブで編集することにより、Excelの枠線を消すことができます。

2番目の[元の書式を保持]も1番目と同様、PowerPointの表ですので、表として編集を行うことができます。

3番目の[埋め込み]で貼り付けた場合、そのオブジェクトを編集するには、その上でダブルクリックします。

埋め込みオブジェクトの編集

するとExcelのリボンが表れ、Excelの機能で編集することができます。
枠線を非表示にするとか、白にするとかで、枠線を消すことができます。
編集後はスライドをクリックします。

4番目の[図]は画像ファイルとなっており基本的に編集できませんが、上に図形を乗せてかぶせるなどの工夫で枠線を見せなくすることができます。

5番目の[テキストのみ保持]は、テキスト ボックスに文字のみが貼り付いています。
文字はセルに分かれていないので、つなげて文章にするときなどに便利です。

Excelでの枠線の非表示の設定はついては、Excelのヘルプ「セルの枠線を非表示にするには」をご参照ください。

関連ヘルプ

複数の図形やオブジェクトを、キレイに揃えたい
図形を描くときに設定されている既定の書式を変更するには
数学的な数式を入力したい
オブジェクトを少しだけ移動し、位置を微調整するには
埋め込みで貼り付けたExcelオブジェクトをダブルクリックして編集するとき、違う行が表示される

サイト内検索

Officeのカテゴリ

ヘルプの森

Excel・Access・Office全般
ヘルプデスク サイト
Google ヘルプるん
詳しくは site map ページ