ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.005

数字文字列を数値にする(関数編) 《VALUE》

2003/2007/2010/2013/2016/2019

Excelにおいて、数値と数字は扱いが違います。一般的に、数値は計算することができますが、数字は文字列であるため計算できません。

数字文字列か数値かを調べるには、[ホーム]タブ - [配置]グループ の [左揃え][中央揃え][右揃え] がすべてオフの状態で、データが右揃えであれば数値、左揃えは数字文字列と判断できます。

値が数字文字列であるときに、次のような3つのパターンがあります。

  • 先頭にクォーテーション(')が入っている
  • [ホーム]タブ - [数値]グループ - [数値の書式] が [文字列] と設定されたセルに数字が入力されている
  • どこかから転機されたデータで、ダブルクリックすると右揃えの数値になる
数字文字列

これら数字文字列は、1番目の先頭のクォーテーションは置換では取れないですし、2番目の 数値の書式 は数値系の表示形式に変更し再計算を行っても反映しませんし、3番目の数字文字列が大量にあるとき、すべてのセルをダブルクリックするにはしんどいでしょうし、数値にするにはどのケースも手こずります。

さて今回は、関数を使用して、数字文字列を数値に変換しようと思います。
関数は、VALUE 関数(分類: 文字列操作)を使います。

VALUE 関数は数字文字列を数値に変換する関数で、数字文字列のセルを1つ指定するだけ、簡単です。

  =VALUE(対象のセル)

新しい列などを用意し、上記の関数を使用して数値化します。
関数を挿入するセルの表示形式([数値の書式])は [文字列] でなく、[標準] となるようにしてください。

VALUE関数

必要データ分数式をコピーします。
その後の処理でValue関数が入っていない本物の数値にしたい場合は、値の貼り付けを行い数式を抜きます。

数式の抜き方は、ヘルプ「セルに設定されている数式を抜いて値にするには(値の貼り付け)」をご参照ください。

関数を使わない方法は、ヘルプ「数字文字列を数値に変換する(形式を選択して貼り付け編)」をご参照ください。
おすすめ方法です。

ヘルプmemo

<VALUE 関数>(関数の分類: 文字列操作)
数値を表す文字列(数字)を数値データに変換します。

数式:
=VALUE(文字列)
引数:
・[文字列] ...数値を表す文字列、またはセル参照

関連ヘルプ

7桁で入力されている郵便番号のデータにハイフォンを挿入したい 《REPLACE》
左から(右から・途中から)決まった文字数の文字列を取り出す 《LEFT・RIGHT・MID》
余分なスペースを削除してスペースを全角または半角に揃える 《SUBSTITUTE・TRIM》
全角の英数字を半角にするには、またはその逆 《ASC・JIS》
別々のセルに入っているデータを結合して(つなげて)表示する 《アンパサンド・CONCAT (CONCATENATE) 》
先頭のシングル クォーテーション、アポストロフィー(')を取るには(関数編) 《SUBSTITUTE》