ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.006

《入力規則》 入力規則のリスト入力で、別シートのリスト項目を表示するには

2003/2007/2010/2013

入力規則でドロップダウン リストから入力できるようにする際、リスト項目が多い場合などは別シートのセルに項目を入力しておきます。
Excel2010以降のバージョンでは、入力規則設定の際に別シートのセルを普通に指定できるようになっていますが、Excel2007まではそれができませんでしたので、少し工夫をすることで可能となります。
古いバージョンで作成されているリストは、次の方法で設定されています。もちろん新しいバージョンでも設定できますので、仕組み理解しておくといいですね。

今回、リスト入力できるように入力規則を設定するシートはSheet1、リスト項目が入力されているシートはSheet2とします。
設定には2段階あり、まずはリスト範囲に名前を定義しておき、設定した名前を入力規則で指定します。

<リスト範囲に名前を定義>

範囲に名前を定義するところから始めましょう。

  1. リストにするセル範囲、Sheet2のセルB2:B6を選択しておきます。
  2. 数式バー左にある[名前ボックス]内をクリックして編集状態にし、任意に名前を入力、[Enter]で確定します。
    名前の定義

これで名前の定義ができました。次に入力規則は次のように設定します。

<入力規則>

  1. リスト入力を設定するセル範囲、Sheet1のセルC3:C9を選択しておきます。
  2. [データ]タブ-[データ ツール]グループ-[データの入力規則]をクリックします。
    データの入力規則
  3. [データの入力規則]ダイアログ ボックス-[設定]タブを表示します。
  4. [入力値の種類]を[リスト]に指定し、[元の値]ボックスには、「=定義した名前」と指定します。
    先ほどの設定1の手順2では、名前を「★評価」と定義していましたので、Sheet2で入力規則の設定は、「=★定義」と指定します。
    入力規則リスト
  5. [OK]をクリックします。

これで、シートSheet1のセルにSheet2のリストを表示させることができました。

ドロップダウン リスト

Excel2003では、
[データ]メニュー-[入力規則]をクリックして、[データの入力規則]ダイアログ ボックスを表示します。

関連ヘルプ

《保護》 一部のセルだけ変更可能にし、他のセルは変更できないように保護したい(変更不可セルが大部分)
《保護》 一部のセルを変更できないように保護したい(大部分のセルが変更可能)
《入力規則》 セルに日本語入力のオン/オフや全角/半角などを設定する
《保護》 数式バーにセルの数式や内容が表示されないようにしたい
《入力規則》 セルに▼が表示され、ドロップダウン リストから入力できるようにするには
《名前》 特定のセル範囲に名前を定義する
《名前》 定義された名前を編集、削除するには
《入力規則》 重複データが入力できないよう、メッセージを表示し規制する
《条件付き書式》 土日の列または行に色をつける
《入力規則》 入力規則でリストの設定を行なったが、リストが表示されない
《保護》 非表示にしているシートを再表示できないようにする
《条件付き書式》 1904年オプション使用せずに、負の時刻を計算に使用するには