ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.003

アイコン 網かけを解除したい

Word2003/2007/2010/2013

「網かけ」と言われたときに、わたしが最初に思い浮かぶのはフォントの書式の[文字の網かけ]です。ところが、すでに作成された文書の網かけを解除しようとしたときに、思い浮かんだ網かけで設定されたものではないということがあります。
そうなると、その網掛けは[文字の網かけ]では解除できないわけです。困ります。
ではこの網かけにはいったいどのような種類があるのか、そしてそれぞれの解除の方法をご案内いたします。

Wordで見た目が網掛けというと、[文字の網かけ]、[蛍光ペン]、罫線機能による[網かけ]、図形による網かけが考えられます。

書式

上図の4つの網かけは見た目どれも同じようですが、当然設定された機能での解除を行わないと網かけは消えません。

それぞれの網かけの解除について設定場所をご紹介します。

<1. [文字の網かけ]による網かけ>

[ホーム]タブ-[フォント]グループ-[文字の網かけ]ボタンをオフにします。

文字の網かけ

<2. [蛍光ペン]による網かけ>

[ホーム]タブ-[フォント]グループ-[蛍光ペンの色]-[色なし]にします。

蛍光ペンの色

<3. 罫線機能による網かけ>

今回は表の枠線が見えないように、[枠なし]、[グリッド線の表示]をオフにしています。網かけの上などにカーソルを置いたときに、黄色い[表ツール]コンテキスト タブが表示されたならば、表のセルに色がついているケースです。
その場合、消し方はいろいろな方法がありますが、早い方法は、セル内にカーソルを置き、[ホーム]タブ-[段落]グループ-[塗りつぶし]ボタン-[色なし]をクリックします。

塗りつぶし

<4. 図形による網かけ>

文字列の上に、透過性が設定された半透明の四角形が重ねられています。
クリックして選択できれば、「Delete」キーで削除してしまえばいいですね。
これは簡単。
しかし、上記3つの網かけでなく、図形の選択もできない場合、図形の[文字列の折り返し]の設定により、文字列の[背面]に配置してあるケースがあります。
そのような場合は、[ホーム]タブ-[編集]グループ-[選択]-[オブジェクトの選択]をクリックし、マウス ポインターが白い矢印になったら、網かけをクリックします。
選択できたら「Delete」キーです。

塗りつぶし

Word2003では、それぞれ次のとおりです。

  1. [文字の網かけ]による網かけ
    [書式設定]ツールバー-[文字の網かけ]
  2. [蛍光ペン]による網かけ
    [書式設定]ツールバー-[蛍光ペン]
  3. 罫線機能による網かけ
    [図形描画]ツールバー-[塗りつぶしの色]-[塗りつぶしなし]
  4. 図形による網かけ
    [図形描画]ツールバー-[オブジェクトの選択]ボタンをオンにして選択

関連ヘルプ

二重取り消し線を引きたい
漢字の上にルビ(ふりがな)をつけるには
縦書き文書の中で横書きの文字を挿入したい(縦中横)
組み文字を挿入したい
ページのトップへ戻る