ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.004

アイコン テーブルのデータ型をクエリで変更する 《データ定義クエリ》

Access2003/2007/2010/2013/2016

テーブルのフィールドのデータ型をクエリを使って変更する方法です。

データ型の変更は[データ定義クエリ]を使用します。
データ定義クエリでのデータ型の変更は1つのフィールドのみとなります。
データ定義クエリはSQLでの書き方となり、構文は次のとおりです。

  ALTER TABLE テーブル名 ALTER COLUMN フィールド名 データ型;

では作成してみましょう。

デザイン ビューでクエリを作成し、テーブルを追加せず、[クエリ ツール]-[デザイン]タブ-[クエリの種類]グループ-[データ定義]をクリックします。

データ定義クエリ

例えば、テーブル1のフィールド[F1]のデータ型をテキスト型にする場合、データ定義クエリに次のように記述します。

  ALTER TABLE テーブル1 ALTER COLUMN F1 TEXT;

データ定義クエリ

テキスト型の設定はもちろん最後の「TEXT」ですが、他のデータ型に設定する場合の指定は、次のとおりです。

  • テキスト型... TEXT または CHAR
  • 数値型(バイト型)... BYTE
  • 数値型(整数型)... INTEGER
  • 数値型(長整数型)... LONG
  • 数値型(単精度浮動小数点型)... SINGLE
  • 数値型(倍精度浮動小数点型)... NUMBER
  • 通貨型... CURRENCY または MONEY
  • 日付/時刻型... DATE
  • オートナンバー型... COUNTER

複数のフィールドのデータ型を変更するような場合は、その分のデータ定義クエリを作成することになります。
作成したデータ定義クエリを、マクロのアクション[クエリを開く]で実行するように指定すれば、複数のデータ型を変更することができます。

VBAを使用するならば、ヘルプ「テーブルの複数フィールドのデータ型をまとめて変更する」をご参照ください。

Access2003では、
選択クエリからデータ定義クエリに変更するには、[クエリ]-[SQL]-[データ定義]をクリックします。

関連ヘルプ

削除クエリで、別のテーブルまたはクエリと共通するレコードを一括削除する
複数テーブルをつなげてレコードを結合する 《ユニオン クエリ》
ページのトップへ戻る