ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.004

頭語と結語の自動入力の種類と設定について

2003/2007/2010/2013

Word では、「拝啓」と入力して確定すると「敬具」が自動的に入力されるという、頭語(とうご)と結語の自動入力機能が用意されています。

拝啓敬具自動入力

日本語では、頭語と結語の組み合わせは大変たくさんあります。
頭語で「拝啓」を使用し、女性の場合は結語に「かしこ」とする場合もあると思いますが、Word には一般的な頭語と結語の組み合わせで登録されており、頭語を入力して「Enter」を押すと、結語が2行下に右揃えで自動入力されるようになっています。

こちらで確認した頭語と結語の組み合わせは、次のとおりです。

  • 拝啓 - 敬具
  • 拝呈 - 敬具
  • 謹啓 - 謹白
  • 謹呈 - 謹白
  • 粛啓 - 頓首
  • 前略 - 草々
  • 冠省 - 草々
  • 略啓 - 草々
  • 寸啓 - 草々
  • 草啓 - 草々
  • 急啓 - 草々
  • 急呈 - 草々
  • 急白 - 草々
  • 再啓 - 敬具
  • 再呈 - 敬具
  • 追啓 - 敬具
  • 拝復 - 敬具
  • 復啓 - 敬具
  • 謹答 - 敬具
  • 拝答 - 敬具
  • 一筆啓上 - 敬具

すごくたくさんあります。
間違いない組み合わせで使用することができますので、是非ご利用ください。

そのほか、頭語と結語ではありませんが、「記」と入力すると中央揃えとなり、「以上」が右揃えで入力されます。

記-以上 自動入力

さて、この機能をはずしたいという方もありますので、設定場所をご案内しておきます。

[ファイル]タブ-[オプション]ボタンをクリック、[Word のオプション]ダイアログ ボックスの[文章校正]を選択して、一番上の[オートコレクトのオプション]ボタンをクリックします。

Word のオプション

表示された[オートコレクト]ダイアログ ボックス-[入力オートフォーマット]タブ-[入力中に自動で行う処理]にある、['記' などに対応する '以上' を挿入する]チェック ボックス、[頭語に対応する結語を挿入する]チェック ボックスをオフにします。

入力オートフォーマット
twitter hatena line pocket

関連ヘルプ

あいさつ文の挿入について