ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.001

アイコン 新規メールが開くハイパーリンクをまとめて設定するには 《HYPERLINK》

Excel2003/2007/2010/2013

1列に入力されているリンクが設定されていないメール アドレスの文字列に、そのアドレスを宛先とした新規メールが開くようなハイパーリンクをまとめて設定したい、というお問い合わせです。

リンクが設定されていないメール アドレスにハイパーリンクを手動で設定する場合、次のような手順となります。
セルを選択し、ショートカット キー「Ctrl」+「K」、または右クリック-[ハイパーリンク]をクリックし、[ハイパーリンクの挿入]ダイアログ ボックスを開きます。
[リンク先:]の一番下[電子メールアドレス]を選択し、[電子メールアドレス]ボックスにメール アドレスを設定します。
メール アドレスの前に、自動的に「mailto:」という文字列が挿入されます。これで[OK]です。

ハイパーリンクの設定はセル1つずつに行う必要がありますので、セル数が多い場合は大変なことになりますね。
こんなときは関数を使いましょう。
ハイパーリンクを設定するHYPERLINK関数です。

例えば、A列に氏名、B列にアドレスデータが入力されているとします。
今回は、任意のセルに、セルA2の氏名にセルB2のメールアドレスのリンクが設定されたハイパーリンクを作成します。

関数を挿入するための列を1列用意し、セルを選択し、セルにHYPERLINK関数(関数の分類: 検索/行列)を設定します。

HYPERLINK関数

1つめの引数[リンク先]には「"mailto:" & B2」と指定します。
文字列"mailto:"の次に記号&(アンパサンド)を設定し、次のセルB2の内容とをつないでいます。
2つめの引数[別名]は表示する文字を設定します。省略すると、引数[リンク先]と同じ文字列にハイパーリンクが設定されて仕上がります。
今回は、セルA2の氏名にハイパーリンクを設定しますので、セルA2を指定します。

  =HYPERLINK("mailto:" & B2, A2)

HYPERLINK関数でリンク作成

数式をメールアドレスのデータ分コピーします。

ヘルプmemo

<HYPERLINK関数 (検索/行例関数)>
リンク先にジャンプするショートカットを作成します。

数式:
=HYPERLINK(リンク先, 別名)
引数:
・リンク先... セルをクリックしたときに開くフルパスとファイル名、アドレスなどを指定
・別名... セルに表示する数値、文字などを指定[省略可]
ヒント:
・引数[別名]を指定すると、指定した文字にハイパーリンクが設定され、省略すると、リンク先で指定した文字列にハイパーリンクが設定されてできあがります。

関連ヘルプ

設定されているリンクを保ちながら、行と列を入れ替えて表を貼り付けたい 《配列数式/TRANSPOSE》
データに連番をふる、同じデータには同じ番号 《INDEX・MATCH・COUNTIF・MAX》
参照式の参照セルが移動しても固定されるようにしたい 《INDIRECT》
VLOOKUP関数で、複数テーブルから検索したい 《VLOOKUP・アンパサンド》
2つのデータを比較し、他方にない(両方にある)データを探す 《VLOOKUP・COUNTIF》
ページのトップへ戻る