ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.022

アイコン タスク バーに[クイック起動]を表示させるには

WindowsXP/Vista/7/8/10

Windows7になり、タスク バーの状況が少し変わりました。
以前すぐに表示させることができた[クイック起動]バーが表示できず、そのかわりアプリケーションのショートカットなどをタスク バーに直接追加できるようになっています。

機能がなくなってしまったかのような[クイック起動]バーですが、実は表示できます。

では早速、Windows7以降のバージョンでの[クイック起動]バー表示についてご案内します。

  1. タスク バーを右クリック-[ツール バー]-[新規ツール バー]をクリックします。
    新規ツール バー
  2. [新規ツール バー - フォルダーの選択]ダイアログ ボックスの[フォルダー:]ボックスに「shell:quick launch」と入力します。
    フォルダーの選択
  3. ダイアログ ボックスの[フォルダーの選択]ボタンをクリックすると、タスク バー右に[Quick Launch]が表示されたのを確認します。
    現在は矢印ボタンをクリックすると起動できるアイコンが表示されます。
    Quick Launch
  4. タスク バーの何もないところを右クリックし、[タスク バーを固定する]にチェックが付かない状態になるよう、クリックして設定します。(タスク バーを固定しない状態)
    タスク バーを固定する
  5. [Quick Launch]の上を右クリックし、[ボタン名の表示]と[タイトルの表示]をクリックしチェックを外します。
    ボタン名の表示、タイトルの表示
  6. [クイック起動]バーのボタンが表示されたことを確認します。

[クイック起動]バーを、例えば一番左に移動したい場合は、[クイック起動]バーの左にある3列のドットのところを持って、勢いよくドラックします。
言語バーが間にあるときは、言語バーを一時的に非表示にした方がやりやすいかもしれません。

タスク バーのレイアウトが整ったら、手順の4で指定した[タスク バーを固定する]をお好みで戻してください。

WindowsVista、WindowsXPでの[クイック起動]バーの表示/非表示は、
タスク バーを右クリック-[ツール バー]-[クイック起動]をクリックしてオン/オフします。
または、タスク バーを右クリック-[プロパティ]をクリックし、表示される[タスク バーと[スタート]メニューのプロパティ]ダイアログ ボックスの[タスク バー]タブを開きます。[クイック起動を表示する]チェック ボックスをオン/オフします。

関連ヘルプ

ファイルの拡張子を表示するには
キーボードのテンキーが使用できない、「Num Lock」ほかオン/オフして使用するキー
パソコンの起動が重いとき、不要なスタートアップを削除、停止(無効に)する
タスク バーに表示されるボタンをまとめずにファイルごとに表示する
[ドキュメント]フォルダーの場所を変更する
エクスプローラーを開くときに特定フォルダが開くように設定したい
フォルダーのアイコンなどのレイアウト表示を統一する
フォントの角がギザギザに表示されてしまう
《レジストリ》 新規作成ショートカット コマンドの項目を削除するには
《レジストリ》 パソコン起動時ログオン画面での「Num Lock」キーのオン(有)/オフ(無効)設定
よく利用するフォルダーやファイルのショートカットをタスク バーにピン留めする(表示する)には
隠しファイル、隠しフォルダーを表示する
デスクトップ アイコンのサイズや配置間隔を変更する
《レジストリ》 デスクトップ アイコンの間隔を変更する
Windows起動時のパスワード入力を省略(スキップ)するには
《レジストリ》 右クリックから新規作成するテキスト ドキュメントが表示されなくなった
ページのトップへ戻る