ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.021

アイコン 《レジストリ》 デスクトップ アイコンの間隔を変更する

WindowsXP/Vista/7/8/10

デスクトップを広く使いやすくするために、Windowsではアイコンのサイズや間隔の変更ができるようになっています。

基本のサイズ変更、および間隔設定については、ヘルプ「デスクトップ アイコンのサイズや配置間隔を変更する」をご参照ください。

ところがWindows8以降では、デスクトップ アイコンのサイズは変更できるものの、配置間隔を簡単な設定で変更できず、レジストリで設定する必要があります。

レジストリの変更は、間違うとPCの調子がおかしくなってしまうこともありますので、慎重に間違いなく、自己責任で行ってください。

  1. ショートカット キー「Windows」+「R」、または[スタート]-[すべてのアプリ]-[Windows システム ツール]-[ファイル名を指定して実行](Windows10)、アプリ画面を開き[Windows システム ツール]-[ファイル名を指定して実行]コマンド(Windows8)をクリックします。
  2. 表示された[ファイル名を指定して実行]ダイアログ ボックスの[名前]ボックスに「regedit」と入力し、[OK]ボタンまたは「Enter」を押します。
    ファイル名を指定して実行
  3. 「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」のメッセージが表示されたら、[はい]をクリックして進みます。
  4. 表示された[レジストリ エディター]の左側にある階層から、次の場所を開きます。
      HKEY_CURRENT_USER¥Control Panel¥Desktop¥WindowMetrics¥
  5. [WindowMetrics]を選択すると右に表示される名前のなかで、[IconSpacing]がアイコンの横間隔、[IconVerticalSpacing」が縦間隔の設定です。
    レジストリWindowMetrics
  6. 設定する項目をダブルクリックし、[値のデータ]ボックスに数値を指定します。
    間隔を狭くしたい場合は、よりプラス値を入力します。
    レジストリWindowMetrics
  7. 設定が終了したら、[OK]をクリックして閉じます。
    レジストリ エディターは現在の場所を開いた状態で閉じると、再起動後も次に開くときは同じ場所が開きますので、何度も設定して確認する場合に便利です。
  8. PCを再起動、もしくは一度サインアウトします。
    サインイン後、アイコンを少し移動するなどいじると反映します。

下図は、アイコンの横間隔[IconSpacing]を「-1500」(上)から「-1300」(下)に変更してみました。

アイコン縦間隔変更

下位バージョンでも同様の設定がありますね。

関連ヘルプ

ファイルの拡張子を表示するには
キーボードのテンキーが使用できない、「Num Lock」ほかオン/オフして使用するキー
パソコンの起動が重いとき、不要なスタートアップを削除、停止(無効に)する
タスク バーに表示されるボタンをまとめずにファイルごとに表示する
[ドキュメント]フォルダーの場所を変更する
エクスプローラーを開くときに特定フォルダが開くように設定したい
フォルダーのアイコンなどのレイアウト表示を統一する
フォントの角がギザギザに表示されてしまう
《レジストリ》 新規作成ショートカット コマンドの項目を削除するには
《レジストリ》 パソコン起動時ログオン画面での「Num Lock」キーのオン(有)/オフ(無効)設定
よく利用するフォルダーやファイルのショートカットをタスク バーにピン留めする(表示する)には
隠しファイル、隠しフォルダーを表示する
デスクトップ アイコンのサイズや配置間隔を変更する
タスク バーに[クイック起動]を表示させるには
Windows起動時のパスワード入力を省略(スキップ)するには
《レジストリ》 右クリックから新規作成するテキスト ドキュメントが表示されなくなった
ページのトップへ戻る