ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.015

アイコン 隠しファイル、隠しフォルダーを表示する

WindowsXP/Vista/7/8/10

Windowsには、隠しファイルや隠しフォルダーと呼ばれる、その名のとおり隠して表示しないようにしてあるファイルやフォルダーがあります。
Windowsの初期設定では、隠しファイル、隠しフォルダーを隠す状態になっていますが、次の設定で見れるようにすることができます。

Windows8以降のバージョンでは、設定がとても簡単になっています。

任意のフォルダーを開き、[表示]タブ-[表示/非表示]グループ-[隠しファイル]チェック ボックスをオンにします。

隠しファイル

Windows7以前のバージョンでは、[フォルダー オプション]ダイアログ ボックスで設定します。

  1. 任意のフォルダーを開きます。
  2. フォルダーの[ツール]メニュー-[フォルダー オプション]をクリックします。
    メニュー バーが表示されていない場合は、「Alt」キーを押すと表示されます。
    フォルダー オプション
  3. [フォルダー オプション]ダイアログ ボックスの[表示]タブを開きます。
  4. [ファイルとフォルダーの表示]の[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]オプションを選択し、[OK]をクリックします。
    ファイルとフォルダーの表示

Windows8でも同じ設定があり、上記チェック ボックスの設定と連動します。

関連ヘルプ

ファイルの拡張子を表示するには
キーボードのテンキーが使用できない、「Num Lock」ほかオン/オフして使用するキー
パソコンの起動が重いとき、不要なスタートアップを削除、停止(無効に)する
タスク バーに表示されるボタンをまとめずにファイルごとに表示する
[ドキュメント]フォルダーの場所を変更する
エクスプローラーを開くときに特定フォルダが開くように設定したい
フォルダーのアイコンなどのレイアウト表示を統一する
フォントの角がギザギザに表示されてしまう
《レジストリ》 新規作成ショートカット コマンドの項目を削除するには
《レジストリ》 パソコン起動時ログオン画面での「Num Lock」キーのオン(有)/オフ(無効)設定
よく利用するフォルダーやファイルのショートカットをタスク バーにピン留めする(表示する)には
デスクトップ アイコンのサイズや配置間隔を変更する
《レジストリ》 デスクトップ アイコンの間隔を変更する
タスク バーに[クイック起動]を表示させるには
Windows起動時のパスワード入力を省略(スキップ)するには
《レジストリ》 右クリックから新規作成するテキスト ドキュメントが表示されなくなった
ページのトップへ戻る