ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.009

アイコン エクスプローラーを開くときに特定フォルダが開くように設定したい

WindowsXP/Vista/7/8/10

まずエクスプローラーはとは、Windows95以降で登場し、ファイルやフォルダーをツリー状で表示、ファイルやフォルダーの操作、簡単な情報の表示などを行うことができる管理ツールです。
昔から[スタート]ボタンを右クリックすると[エクスプローラー]のコマンドがありますね。

エクスプローラーを開いたときの既定の場所は、WindowsVista以前のバージョンは[(マイ) ドキュメント]、Windows7とWindows8は[ライブラリ]、Windows8.1は[PC]、Windows10は[クイック アクセス]が開くようになっています。
どうもいろいろですが、とにかく次の操作がしやすくなるであろうフォルダーが開くようになっています。
Windows8より登場したライブラリについては、ヘルプ「ライブラリとは?その活用法、ライブラリを表示/非表示する」もご参照ください。

さて、エクスプローラーをもっと便利にすべく、最初に開く場所を変更する方法をご案内したいと思います。

先にお伝えしないといけないことは、Windows8.1より、エクスプローラーの初期フォルダー設定場所がグレーアウトしており、任意の場所に設定することができなくなっています。
そこで代替え案として、次のヘルプ「よく利用するフォルダーのショートカットをタスク バーにピン留めする(表示する)には」をご参照ください。

では、下記はWindows8以前のバージョンでの、エクスプローラーの初期フォルダーの設定です。

  1. タスク バーなどにある変更したいエクスプローラーのアイコンを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
    エクスプローラーのプロパティ
  2. 表示された[エクスプローラーのプロパティ]-[ショートカット]タブの[リンク先]を次のように指定します。例えば、Dドライブで開く場合は
      %SystemRoot%¥explorer.exe /n,/e,D:¥
    もともと設定されている「%SystemRoot%¥explorer.exe」のあとに半角スペースそして「/n,/e,」、続けて 開きたいパスを指定します。
    エクスプローラーのプロパティ

関連ヘルプ

ファイルの拡張子を表示するには
キーボードのテンキーが使用できない、「Num Lock」ほかオン/オフして使用するキー
パソコンの起動が重いとき、不要なスタートアップを削除、停止(無効に)する
タスク バーに表示されるボタンをまとめずにファイルごとに表示する
[ドキュメント]フォルダーの場所を変更する
フォルダーのアイコンなどのレイアウト表示を統一する
フォントの角がギザギザに表示されてしまう
《レジストリ》 新規作成ショートカット コマンドの項目を削除するには
《レジストリ》 パソコン起動時ログオン画面での「Num Lock」キーのオン(有)/オフ(無効)設定
よく利用するフォルダーやファイルのショートカットをタスク バーにピン留めする(表示する)には
隠しファイル、隠しフォルダーを表示する
デスクトップ アイコンのサイズや配置間隔を変更する
《レジストリ》 デスクトップ アイコンの間隔を変更する
タスク バーに[クイック起動]を表示させるには
Windows起動時のパスワード入力を省略(スキップ)するには
《レジストリ》 右クリックから新規作成するテキスト ドキュメントが表示されなくなった
ページのトップへ戻る