No.003

wi ファイルの拡張子を表示するには

WindowsXP/Vista/7/8/10

Windowsの初期設定では、デスクトップやフォルダのアイコン ファイルの拡張子は表示されません。
拡張子を表示することによって、ファイルの種類を拡張子で判断できたり、ファイルの種類を簡単に変更したり、何かと便利になります。

Windows8からはいとも簡単に、拡張子の表示/非表示を設定することができるようになりましたね。

任意のフォルダーを開きます。
フォルダーの[表示]タブ-[表示/非表示]グループの[ファイル名拡張子]チェック ボックスをオンにします。

フォルダー

どこかのフォルダーでこの設定すると、すべてのファイルの拡張子が表示されます。

Windows7以前のバージョンでは、次の操作で拡張子を表示します。

  1. 任意のフォルダーを開きます。
  2. フォルダにある[ツール]メニュー-[フォルダー オプション]をクリックします。
    Windows7などでメニュー バーが表示されていない場合は、「Alt」キーを押すとメニューが表示されます。
    フォルダー オプション
  3. [フォルダー オプション]ダイアログ ボックス-[表示]タブを開きます。
  4. [詳細設定]の項目より[登録されている拡張子は表示しない]チェック ボックスをオフにします。
    登録されている拡張子は表示しない
  5. [OK]をクリックして、[フォルダー オプション]ダイアログ ボックスを閉じます。

Windows8でも、フォルダーの[表示]タブの一番右にある[オプション]ボタンをクリックすると、同じ設定場所があります。

[フォルダー オプション]ダイアログ ボックスは上記のほかに、次の操作で表示することができます。

関連ヘルプ

キーボードのテンキーが使用できない、「Num Lock」ほかオン/オフして使用するキー
パソコンの起動が重いとき、不要なスタートアップを削除、停止(無効に)する
タスク バーに表示されるボタンをまとめずにファイルごとに表示する
[ドキュメント]フォルダーの場所を変更する
エクスプローラーを開くときに特定フォルダが開くように設定したい
フォルダーのアイコンなどのレイアウト表示を統一する
フォントの角がギザギザに表示されてしまう
《レジストリ》 新規作成ショートカット コマンドの項目を削除するには
《レジストリ》 パソコン起動時ログオン画面での「Num Lock」キーのオン(有)/オフ(無効)設定
よく利用するフォルダーやファイルのショートカットをタスク バーにピン留めする(表示する)には
隠しファイル、隠しフォルダーを表示する
デスクトップ アイコンのサイズや配置間隔を変更する
《レジストリ》 デスクトップ アイコンの間隔を変更する
タスク バーに[クイック起動]を表示させるには
Windows起動時のパスワード入力を省略(スキップ)するには

サイト内検索

Officeのカテゴリ

ヘルプの森

Excel・Access・Office全般
ヘルプデスク サイト
Google ヘルプるん
詳しくは site map ページ