ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.006

アイコン Outlookのアカウント作り直し(削除して再設定)について

Outlook2003/2007/2010/2013

Outlookのメール アカウントの作り直しについてです。
そもそもOutlookでメール アカウントを作り直すときとは、どのようなケースであるでしょうか。

  • Outlookの動作がおかしいとき
  • パソコンの移行でOutlookのデータ ファイルも移行したがうまく動かないとき
  • 設定を間違えたとき

こういった、Outlookは起動はするが状況よろしくないケースで、アカウントを作り直す(アカウントを削除して再設定する)、ということをやります。

アカウントを作り直したときの動作について先にお話しすると、受信済みのメールや、作成したフォルダー、ルール、連絡先、アドレス帳、予定表など、アカウントを削除しても残ったまま消えることはありませんので、ご安心ください。

では、手順をみていきましょう。

<設定内容の確認>

アカウントを作り直すわけですが、設定内容は大丈夫ですか?
必要であれば、プロバイダーやメール管理機関から送られてきた資料を探すか、現在のアカウント設定状況を確認しておきましょう。メモ帳などを開いて、設定内容をコピーしておくと、効率がいいでしょう。
必要なければここはスルーしてください。

では、確認すべき場所をご案内します。メモ帳を開いておきましょう。
以下手順は、Outlookを開いた状態で確認します。

  1. [ファイル]タブ-[情報]グループ-[アカウント設定]-[アカウント設定]ボタンをクリックします。
    ファイルタブ
  2. [アカウント設定]ダイアログ ボックスの[電子メール]タブにある作り直すアカウントを選択し、[変更]ボタンをクリックします。
    アカウント設定ダイアログボックス
  3. [アカウント変更]ダイアログ ボックスの設定はすべて必要です。
    同じ設定をする内容については、メモ帳にコピーしておきましょう。
    アカウント設定ダイアログボックス
  4. ダイアログ ボックス右下の[詳細設定]ボタンをクリックします。
  5. [インターネット電子メール設定]ダイアログ ボックスの[全般]タブ、[送信サーバー]タブ、[詳細設定]タブの設定を確認、メモしておきます。

<アカウント作り直し>

  1. [ファイル]タブ-[情報]グループ-[アカウント設定]-[アカウント設定]ボタンをクリックします。
  2. [アカウント設定]ダイアログ ボックスの[電子メール]タブにある作り直すアカウントを選択し、[削除]ボタンをクリックします。
  3. そのまま同じ画面で[新規]ボタンをクリックします。
  4. [サービスの選択]では、[電子メール アカウント]オプションを選択して[次へ]をクリックします。
    ここからあとは、メール管理者やプロバイダーの指示に従って設定、または、先に確認した設定を行います。

一般的な設定を行う場合、1点ご案内させていただきますね。

[新しいアカウントの追加]ダイアログ ボックスの右下[新しいメッセージの配信先]の設定と、その下[詳細設定]ボタンをクリックして表示される[インターネット電子メール設定]ダイアログ ボックス[全般]タブの一番上[メール アカウント]ボックスの設定についてです。

2つの設定について

[新しいメッセージの配信先]で[新しい Outlook データ ファイル]オプションを選択し、[メール アカウント]ボックスの設定を今までの設定と違うアカウント名にした場合、現在のフォルダー階層の下に新しいデータ ファイルの新しいアカウントのフォルダーができあがります。(下図)

アカウントが下にできる

[新しいメッセージの配信先]を[既存の Outlook データ ファイル]オプションを選択する、または[メール アカウント]ボックスの設定を今までと同じにすると、新しい階層はできません。
状況に応じて指定してください。

関連ヘルプ

受信はできるが送信ができない
英語のエラー メッセージの解釈について
添付ファイルが開けない、「次の添付ファイルは問題を起こす可能性があるため、利用できなくなりました」
受信したメールが文字化けしているときの対処について
Outlookを起動できない、pstファイルが壊れてしまったときの修復
ページのトップへ戻る