ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.009

アイコン 保護ビュー(保護されたビュー)について、編集、設定、解除(無効化)

Office2010/2013

「保護ビュー(保護されたビュー)」はOffice2010からの機能です。ファイルを開いたときに表示されることがある黄色や赤のバーのことです。
Office2013では「保護ビュー」、Office2010では「保護されたビュー」です。
今回はこの保護ビュー(保護されたビュー)についてと、編集方法、解除方法と、別の設定場所(ご参考)の4つの内容でご案内します。

<保護ビュー(保護されたビュー)について>

保護ビュー(保護されたビュー)とは、安全でない可能性がある場所にあるファイルを開くときに、コンピューターを保護する目的で表示されるものです。
左に[保護ビュー(保護されたビュー)]とあるメッセージ バーが表示され、リボンが折りたたまれ、ほとんどの編集機能が無効化された状態で開きます。
メッセージ バーが黄色のときと赤色のとき、左の盾のアイコンも青色、黄色、赤色といろいろなパターンがあり、特に盾アイコンが赤色のときは編集できない状態を示します。

保護ビュー(保護されたビュー)が表示されるのは次のようなケースです。

  • インターネット上にあるファイル、インターネット上からダウンロードしたファイル
    保護ビューインターネット
  • Outlookの添付ファイル
    保護ビュー添付ファイル
  • 安全でない場所にあるファイル … インターネット一時ファイルのフォルダーなど
  • ファイル制限機能(後述)によって制限されているファイル
    保護ビュー安全でない
  • ファイルが検証に合格しなかった場合 … 赤いメッセージ バー表示

<保護ビュー(保護されたビュー)からの編集>

では、保護ビュー(保護されたビュー)を終了して編集する方法です。
黄色のメッセージ バーの場合は、[編集を有効にする]ボタンをクリックすることで終了し、編集することができます。
赤色のメッセージ バーの場合は、[ファイル]タブの[編集する]をクリックすることで終了し、編集することができます。

<保護ビュー(保護されたビュー)の無効化(解除)>

保護ビュー(保護されたビュー)が出てこないよう解除する方法をご案内しましょう。

  1. [ファイル]タブ-[オプション]をクリックします。
  2. 表示された[(アプリケーション) のオプション]の[セキュリティー センター]を選択し、[セキュリティー センターの設定]ボタンをクリックします。
    オプション
  3. 表示された[セキュリティー センター]ダイアログ ボックスの[保護ビュー(保護されたビュー)]を選択します。
  4. 内容を確認の上、チェック ボックスをオフにすると解除されます。
    保護されたビュー設定
  5. [OK]をクリックして確定します。

この方法は、アプリケーションごとの設定です。Excel、PowerPointなどそれぞれで設定します。
セキュリティ的に甘くなりますので、ご自身の責任において設定してください。

<ファイル制限機能(ご参考)>

この、ファイル制限機能というのは、Officeファイルのバージョン、ファイル形式によって保護されたビューで開くかどうかを設定することができるものです。
古い形式のファイルは脆弱性が含まれているケースがありますので、その対処と考えてください。
どちらかというと、機能を強化するイメージでしょうか。ご参考までにご案内です。

  1. 上記と同様に[(アプリケーション) のオプション]の[セキュリティー センター]ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [セキュリティー センター]ダイアログ ボックスの[ファイル制限機能の設定]を選択します。
  3. チェック ボックスをオン/オフし、下のオプションを設定することで保護されたビューで開くように、またはファイルを開かないよう設定することができます。
    ファイル制限機能の設定
  4. [OK]をクリックして確定します。

ファイル制限機能でファイルを開かないように設定した場合、該当ファイルを開こうとすると、開く前に次のようなメッセージが表示され開くことができません。

ファイル制限機能の設定

関連ヘルプ

ユーザー名を変更する
リボン、クイック アクセス ツールバーをカスタマイズする
初めて保存するときの場所を変更したい
ページのトップへ戻る