ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.010

アイコン 循環参照を解決するために

Excel2003/2007/2010/2013

数式を扱うにあたってありがちなエラーが、循環参照です。

循環参照とは、数式が入力されているセル自体が数式の計算の対象(引数)となっていて、計算が収束しない状態のことをさします。
つまり答えのセルと引数のセルがループしているような状態です。

循環参照となってしまった場合には、即座に、または開くときにExcelがエラーメッセージを表示してくれます。少しびっくりするエラーです。

循環参照

解決するには、循環しているセルがなくなるよう数式を修正します。

どこが循環参照の問題となっているセルかがわからない場合、ステータス バー左下に表示されるのと、

循環参照

[数式]タブ-[ワークシート分析]グループ-[エラーチェック]▼-[循環参照]を選択すると原因となっているセル番地が表示され、クリックするとその番地にジャンプします。

エラーチェック

循環参照となっているセルを選択し、[数式]タブ-[ワークシート分析]グループの[参照元のトレース]ボタンをクリックすると、青い矢印が表示され、循環参照のセルが参照しているセルを確認することができます。

参照元のトレース

[参照先のトレース]ボタンは、同じく青い矢印で、循環参照のセルが参照されているセルを確認できます。
これらトレースのボタンは、循環参照をたどりながら原因究明する手助けとなります。

トレースの青い矢印を消したいときは[トレース矢印の削除]ボタンを使用します。

最終的に、ステータス バーに「循環参照」が表示されなくなるまで、丹念に数式の修正を行う必要があります。

Excel2003では、
循環参照の基になるセルを調べるには、[循環参照]ツールバーを使います。

関連ヘルプ

負の小数値を合計したときに計算結果に誤差が生じる
=のあとに+が表示された「=+」から始まる数式の意味とは
数式で参照しているセルを変更しても、結果が更新されない
セルに計算結果ではなく数式が表示されている
ページのトップへ戻る