ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.008

アイコン 円グラフに合計値を表示する

Excel2003/2007/2010/2013

円グラフにその合計値を表示したい、というお問い合わせです。
円グラフでは2つの系列を表示することができないので下記方法は不可能ですが、ドーナツグラフを利用すると、合計を計算したセルを使いグラフに表示することができます。

Excel2013からはドーナツの穴を完全に閉じることができますので、最終的に円グラフのように見せることができます。
Excel2010以前のバージョンでは、ドーナツの穴を閉じることができないので、円グラフを普通に作成して、合計値はテキスト ボックスなどの図形を使って挿入してください。

では、ドーナツグラフを利用した、合計値を表示する方法です。

  1. グラフ元データを作成します。
    合計値は、項目と系列の下のセル以外に作成します。今回の場合、B列より右のセル、または上のセルB1などでも構いません。
    グラフ元データ
  2. グラフ元データ(今回はセルA2:B5)を選択し、ドーナツグラフを作成します。
    ドーナツグラフ
  3. 合計を計算したセルをコピーし(今回はセルD5)、グラフを選択して貼り付けます。
    すると、ドーナツグラフは2重になります。
    ドーナツグラフ2重
  4. 外側の合計の系列を直接ダブルクリック、または右クリック-[データ系列の書式設定]をクリックし、[データ系列の書式設定]作業ウィンドウ(ダイアログ ボックス)を表示します。
    表示された作業ウィンドウまたはダイアログ ボックスのタイトルが[データ系列の書式設定]でない場合は、一度別の場所をクリックしてから再度ドーナツグラフの外側の輪をクリックします。
  5. [データ系列の書式設定]作業ウィンドウ(ダイアログ ボックス)の、[塗りつぶし]を[塗りつぶしなし]、[枠線(の色)]を[線なし]に設定します。(下図上はExcel2013、下はExcel2010)
    これで、合計のグラフは透明になります。
    データ要素の書式設定
  6. そのまま合計の系列を選択している状態で、合計のみデータ ラベルを表示します。
    Excel2013では、[グラフ ツール]-[デザイン]タブ-[グラフのレイアウト]グループ-[グラフ要素を追加]ボタンより、[その他のデータ ラベル オプション]をクリックします。(下図上)
    Excel2010、Excel2007では、[グラフ ツール]-[レイアウト]タブ-[ラベル]グループ-[データ ラベル]-[表示]をクリックします。(下図下)
    データ ラベル表示
  7. 表示されている[データ ラベルの書式設定]ダイアログ ボックスは、必要でなければ閉じます。
  8. ラベルを選択して移動することができますので、レイアウトを整えます。
ドーナツグラフ合計表示

これで、ドーナツグラフに合計値が表示されたわけですが、ドーナツの穴をふさいで円グラフのようにしたい場合、Excel2013では可能となっています。
詳しくは、ヘルプ「ドーナツグラフの穴の大きさを変更するには」をご参照ください。

Excel2003では、
同様に、ドーナツグラフを作成します。
合計の系列を選択して[データ系列の書式設定]ダイアログ ボックスを表示します。
[パターン]タブを開き、[輪郭]と[領域]をともに[なし]に設定します。
[データ ラベル]タブを開き、[ラベルの内容]の[値]チェック ボックスをオンにします。

関連ヘルプ

棒グラフで、とびぬけて高いの棒上に省略のしるしを入れてグラフをバランスよく作成する
大きさの違う複数のグラフをすべて同じ大きさに揃える
積み上げ縦棒グラフ、系列の合計値を表示する方法
折れ線グラフで、元データに空白があるときに線が途切れてしまうのをつなぎたい(補間する)
横棒グラフの値軸(横軸・数値軸)を上にする
ドーナツグラフの穴の大きさを変更するには
積み上げ縦棒グラフでデータ系列の積み上げ順序を変える
積み上げ縦棒グラフの項目を2本並べて表示する
円グラフのデータ ラベルの、分類名と値を改行したい
ページのトップへ戻る