ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.028

アイコン 先頭にあるシングルクォーテーション、アポストロフィー(')を取るには(形式を選択して貼り付け編)

Excel2003/2007/2010/2013

ダウンロードしたり取り込んだりしたデータの先頭にシングルクォーテーションが付いている場合があります。
クォーテーションが先頭にあるとセルの内容は文字列となりますので、これからの作業内容によっては数値化する必要が出てきます。

すぐに考えつくのが置換機能ですが、先頭のクォーテーションは、検索ではヒットしないため使えません。

そこで今回は、コピー/形式を選択して貼り付けを利用した方法をご案内します。
あっという間にできますのでおすすめですよ。では早速いきましょう。

  1. どこか空いているセルに「1」と入力し、そのセルをコピーします。
  2. クォーテーションを外したいセルを選択します。(複数列や複数セル範囲も可能)
  3. 選択した上で右クリック-[形式を選択して貼り付け]をクリックします。
    または、[ホーム]タブ-[クリップボード]グループ-[貼り付け]▼-[形式を選択して貼り付け]をクリックします。
  4. 表示された[形式を選択して貼り付け]ダイアログ ボックスの[乗算]オプションを選択して、[OK]をクリックします。
    形式を選択して貼り付け_乗算
  5. 結果確認後、入力した「1」はクリアします。

以上の操作、セルに1を乗算することで、選択していたすべてのセルの先頭クォーテーションが取れる結果となります。

乗算結果

これで数値だったデータは、本物の数値として目覚めます。
例えば、処置前は「'001」という値であった場合、「1」というゼロ落ちした数値になります。

この先頭のクォーテーションを取る方法で、関数を利用した方法については、ヘルプ「先頭にあるシングルクォーテーション、アポストロフィー(')を取るには(関数編)」をご参照ください。

関連ヘルプ

行高、列幅を保った状態でセル範囲をコピーしたい
離れた複数のセル範囲に同じ文字列を一度に入力したい
図形を複数まとめて選択し一挙に削除するには
べき算の何の何乗などの乗に当たる小さな数字を表示するには
行、列が非表示になっているのを戻すには(再表示)、そして既定の列幅と行高について
セルの中の文字列の間隔を少しだけ調整したい
セルの中で改行するには
入力されている漢字のふりがな(ルビ)を表示、編集する
置換機能のおさらい、置換を理解し活用するために
マイナス値のデータをプラスにしたい
HYPERLINK関数で作成したハイパーリンクをセルのハイパーリンクにするには
セルに斜めの罫線を引きたい、罫線の機能を使いこなす
ページのトップへ戻る