ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.015

アイコン 行、列が非表示になっているのを戻すには(再表示)、そして既定の列幅と行高について

Excel2003/2007/2010/2013

行や列を非表示にすることで、PCの画面を節約して使用できたり、見せたくないデータを隠したり、離れた行や列を続いているかのように印刷できたりなど、いろいろなことに有効利用されています。

非表示になっている行や列は、行番号や列番号が飛び越えていることで確認できます。(下図ではC-D列が非表示ですね。)

この非表示になっている行や列を表示する方法です。いくつかの方法をご案内します。

<再表示>

一般的な方法です。
非表示になっている行または列とその前後の範囲を行単位または列単位で選択し、選択した上で右クリック-[再表示]をクリックします。

再表示

1行目やA列が非表示となっている場合は、表示行から1行目に向けてドラッグして行選択、表示列からA列に向けてドラッグして列選択し、同様に再表示します。
全セルを選択した場合、行の場合はどこの場所でも再表示できますが、列の非表示の場合は列番号の上で右クリック-[再表示]をクリックします。

<ドラッグして行高列幅>

ところでこの行や列の非表示という状態というのは、非表示の行高が0または列幅0ということなのです。行の高さや列の幅がない状態ですね。
とすると、行や列の再表示には、行高または列幅の変更という方法もあるんです。

通常表示されている行や列の行高や列幅を変更する場合は、行番号や列番号の境界にマウス ポインターを置いてドラッグしますが、そのときのマウス ポインターの形は、実線に両向き矢印が交差した形です。(下図)

通常の行高列幅変更

非表示にしている行や列の上で行高や列幅を変更しようとすると、マウス ポインターの形が二重線に両向き矢印が交差した形となります。

非表示行列の行高列幅変更

この二重線に両向き矢印が交差した形のマウス ポインターの状態で行高または列幅を変更すると、非表示行または非表示列が出てきます。

さて、ここまで、右クリックやドラッグやらの方法でしたが、非表示行や非表示列を再表示したり、行高や列幅を設定する、本来のコマンドの場所も確認しておきましょう。

<[ホーム]タブ-[書式]ボタンから>

[ホーム]タブ-[セル]グループ-[書式]ボタンより、今までご案内した操作のコマンドが用意されています。

ホームタブ-書式ボタン

行高や列幅を数値設定することで再表示します。

非表示の行または列を選択し、[書式]ボタン-[行の高さ]または[列の幅]をクリック、または右クリック-[行の高さ]または[列の幅]をクリックすると、[行の高さ]または[列の幅]ダイアログ ボックスが表示されます。
0より大きい数値を指定すると、非表示となっていた行や列が表示されます。

ヘルプmemo

<列幅、行高の既定>

列幅の既定サイズは「8.38 (72 ピクセル)」です。
この数値の単位は、設定されている標準フォント(11pt、半角文字)の文字数です。
つまり、8.38 ということは、8文字と少しというサイズです。

行高既定サイズは「13.5 (18 ピクセル)」です。
この数値の単位は、フォントのポイント数です。
1ポイントは 1/72インチです。1インチは約 25.4mmです。
としますと、1ポイントは 25.4mm/72 = 約 0.3528mm です。
ならば、13.50ポイントは 0.3528mm * 13.5 = 約4.76mm となります。

ピクセルは画素の数を表す単位で、解像度(dpi)によって値が変化します。ディスプレイで表示できる最小単位がピクセルですので、端末により変わります。
そのため列幅、行高の設定は、ピクセル単位で調整されます。

関連ヘルプ

行高、列幅を保った状態でセル範囲をコピーしたい
離れた複数のセル範囲に同じ文字列を一度に入力したい
図形を複数まとめて選択し一挙に削除するには
べき算の何の何乗などの乗に当たる小さな数字を表示するには
セルの中の文字列の間隔を少しだけ調整したい
セルの中で改行するには
入力されている漢字のふりがな(ルビ)を表示、編集する
置換機能のおさらい、置換を理解し活用するために
マイナス値のデータをプラスにしたい
先頭にあるシングルクォーテーション、アポストロフィー(')を取るには(形式を選択して貼り付け編)
HYPERLINK関数で作成したハイパーリンクをセルのハイパーリンクにするには
セルに斜めの罫線を引きたい、罫線の機能を使いこなす
ページのトップへ戻る