ヘルプの森~Excel・Access・Office全般ヘルプデスクサイト

No.011

アイコン 《表示形式》 千単位の表示形式を設定するには

Excel2003/2007/2010/2013

Excelで数値1億を入力するとそのまま「100000000」と表示されますが、大きい数値の場合、桁区切りを設定することで「100,000,000」という具合に見やすくなります。
桁区切りにするには[ホーム]タブ-[数値]グループに[桁区切りスタイル]ボタン「,」が用意されています。
桁区切りのショートカット キーは「Ctrl」+「Shift」+「!」なので、覚えておくと便利ですよ。

ホームタブ

しかし1億ともなると、ゼロが並び過ぎて表やグラフを作ったときにすごく幅を取ってしまいますね。
そこでお問い合わせは、「100,000,000」のところをゼロ3桁省略(四捨五入)して、「100,000」 と表示させたいということです。
ゼロ3桁というと千なので、千単位といわれます。
千単位は、表示形式によって見せ方を変えるだけで、入力されたゼロ3桁を実際に削除するわけではありませんから、入力値の数値をそのまま計算で使うことができます。

千単位の表示形式は、次のように、少しカスタマイズが必要です。

  1. 千単位の表示形式を設定するセル範囲を選択します。
  2. 選択した上で右クリック-[セルの書式設定]をクリックします。または、ショートカット キー「Ctrl」+「1」を覚えると役に立ちます。
  3. [セルの書式設定]ダイアログ ボックス-[表示形式]タブを開きます。
  4. [分類]を[ユーザー定義]にします。
  5. [種類]ボックスに「#,##0,」と入力し[OK]をクリックします。
    セルの書式設定
  6. 表示は千単位、数式バーには元の値が入っていることを確認しましょう。

[種類]ボックスに入力いただいた「#,##0,」(千単位の設定)ですが、少し補足いたします。

数値に普通に桁区切りを設定したセルで[セルの書式設定]ダイアログ ボックスを表示し、[分類]を[ユーザー定義]にすると「#,##0」という設定が確認できます。
この「#」などは書式記号といい、実はこの[ユーザー定義]で表示される書式が本来の表示形式の設定です。

そして今回の千単位ですが、本来の桁区切り書式「#,##0」の最後にカンマ(,)が付いています。
表示形式の書式記号の、一の位の後にカンマを付けると千単位になるのです。
さらに最後にカンマを2個つけた「#,##0,,」と設定すると、ゼロ6桁省略で「百万単位」となります。カンマというのは3桁と覚えておけばいいですね。

表示形式

今回の千単位や百万単位では、値は四捨五入されます。
「5555555555」で千単位の設定にすると、「5,556」と表示されます。
これを切り捨てまたは切り上げにしたいとなると、表示形式では無理ですので、関数を使用することになります。

関連ヘルプ

《表示形式》 負の数の表示形式を変更するには
《表示形式》 日付の表示形式(和暦のカスタマイズ)
《表示形式》 「1-2-3」と入力すると「2001/2/3」日付になってしまう
《表示形式》 「0001」のように、数値を4桁で表示するには
《表示形式》 日付の表示を年月だけの表示にするには(日付のカスタマイズ)
《表示形式》 入力した日付の曜日を別のセルに表示させる
《表示形式》 24時間を越えた経過時間を表示するには(時刻の合計について)
《表示形式》 入力した値の前後に()が付いて表示されるようにしたい
《表示形式》 入力値以外に特定文字を表示させるには
《表示形式》 セルの値を条件として表示形式を分岐する
ページのトップへ戻る